Ascom IMMA

About Ascom IMMA

This author has not yet filled in any details.
So far Ascom IMMA has created 261 blog entries.

アンゴラに於ける教団浄化のこれまでの流れ

世界救世教
アフリカ宣教本部
アンゴラに於ける教団浄化のこれまでの流れ
 
 これまで主にSNS上で、アンゴラ世界救世教(以下、本教)の内紛を示す様々な状況が報告されてきました。
 当初「アフリカ世界救世教救済委員会」(以下、救済委員会)を名乗り、現在教団組織の資格者を称して活動する反体制派グループは、教団の評判や名誉を傷つけるような行為を繰返し、やがてそうした彼らの活動は、信徒に身体的危害を加えるまでに深刻化していきました。
 彼らのこうした行動の中でも特に峻烈を極めたのは、去る2019年1月13日に発生したビエ研修センターの占拠未遂事件でした。暴力行為により数名が負傷したこの騒動はメディアでも広く報道されました。
 本教執行部はここで、信徒の皆様、そして一般の方々に対し、現在教団が直面している浄化の発端と経過についてご説明したいと思います。なお本文を読まれるにあたり、皆様には「教主」とは人ではなく、包括法人内に存在する位置であるということを、まずはご理解いただきたいと思います。
 さて現在、本教が抱える問題は、日本の教団内部に発生した岡田陽一四代教主(当時)と包括法人世界救世教役員会の対立に端を発したものですが、当時はこの内紛の真の理由に関する認識が不足していたせいで、本教執行部(アフリカ世界救世教本部)は、包括法人に対し、書面を通じて自らの(中立的)立場を明確にし、対立する双方がお互いに理解し合うことを訴えました。
 かつて教団の教主であった岡田陽一氏は、(世界救世教と包括・被包括関係を廃止された)主之光教団の支援を受け、反体制派グループの創設に寄与し、自らその運動の先頭に立って活動をしています(彼らが目指すものは、世界救世教の教祖である明主様の御教えとは異なる異質なものです)。
 岡田陽一氏が明主様の御教え、世界救世教の教義から著しく逸脱していることが確認されたため、日本の包括法人は同氏の「教主の推戴」を取り消しました。
 岡田陽一氏を断固支持する本教資格者たち(当時)のグループが主導し、アンゴラで様々な事件を引き起こしてきましたが、ここで彼らが岡田陽一氏の名のもとに働いてきた行為を時系列に報告したいと思います。
2018年7月30日
 本教資格者(当時)数名(フランシスコ・シャビエル・ハテワ、アントニオ・マヌエル・ムホンゴ、フランシスコ・ジョアキン・カシンダ、ベニィ・ジョゼ・ファウストゥド、カルロス・ドス・サントス・アルフレッド並びにアナ・マリア・ダ・シルヴァ)が、カブソ教師補の脱会申請(2018年7月27日、自身のフェイスブック上でその意志を既に表明)と共に、教団の教義的課題並びに内部事情に関する説明を得たいと、クラウディオ・ピニェイロ本部長に面会を要請。
 面会が行われ、教団は彼らの疑問に明確に回答したものの、彼らは、今後も和合結束し、祈り続けるという教団の立場に不満を示し、犯罪行為を始めます。
2018年8月27日
 元資格者グループは書面を通じ、今後以下の構成員から成る自称「救済委員会」を設立する旨を本教に通知。

代表: フランシスコ・シャビエル・ハテワ
副代表: アントニオ・マヌエル・ムホンゴ
補佐: 資格者6名(フランシスコ・ジョアキン・カシンダ、ベニィ・ジョゼ・ファウストゥド、カルロス・ドス・サントス・アルフレッド、フラヴィオ・ドス・サントス・カブソ、アナ・マリア・ダ・シルヴァ、ルインドゥラジオ・ベディ・キアラ)並びに布教員1名(マリオ・ドミンゴス・コレイア)

 「救済委員会」は「苦情ノート」に、名誉棄損など様々な犯罪行為を働き始めます。同ノートにて、本教執行部を、信仰からの逸脱、権力の乱用、統治しやすくするために資格者同士の分裂を扇動、不安を煽るような信仰実践指導、教団職員に対する不平等待遇、財源の不適切な管理などの点(どれも根拠のないものばかり)で批判。
2018年9月20日
 以下の者の教団資格が取り消されました。
アントニオ・マヌエル・ムホンゴ
フランシスコ・シャビエル・ハテワ
ベニィ・ジョゼ・ファウストゥド
フランシスコ・ジョアキン・カシンダ
カルロス・ドス・サントス・アルフレッド
アナ・マリア・ダ・シルヴァ
ルインドゥラジオ・エドゥアルド・ベディ・キアラ
フラヴィオ・ドス・サントス・カブソ
 後日、更に以下の者の教団資格も取り消されました。
アフォンソ・キフタ・ペレイラ
ジェレミアス・ペレイラ・キフタ
マヌエル・フランシスコ・ダ・コスタ
アレルイア・ンドンダ
シネ・ダンジェレウス・ラモス・パスクアル
ニコラウ・ヴィセンテ
アルベルト・ペレイラ・キフタ
ドミンゴス・フェルナンド
 しかしながら、これらの者は現在に至るまで本教の資格者を名乗って活動をしています。
 「救済委員会」は「100%教主」をスローガンに掲げ、岡田陽一氏の名のもとに以下の行為を行ってきました。

本教の布教拠点を占拠。SNS上に暴言や脅迫文書を投稿し、献金を、その合法的な受寄者である教団に届けることを拒否。
「救済委員会」メンバーの個人口座番号をフェイスブック上に公開し、教団の口座とは異なるその口座に献金を振り込むよう信徒らを指導。

2018年10月7日
 岡田陽一氏の側近、白澤道夫氏が「救済委員会」宛てに文書を送付。白澤氏は、彼らが明主様の御教えの真髄に触れているとして、彼らに対する深い敬意の念を表明(これは白澤氏が「救済委員会」のメンバーによる悪行に対して無条件の支持を言明したことを意味しています)。
 文書の送付は本教執行部に対する正真正銘の背信行為と言えるもので、私たちは、その行為に驚きを隠せませんでした。何故ならその文書の送付は自称「救済委員会」による暴力や差別、それに名誉棄損といった行為が白澤氏、ひいては岡田陽一氏によるお墨付きを得たことを意味するからです。
 それまで日本において対立する双方が何とか折り合えるよう祈ってきた私たちは「裏切られた」という思いを抱きました。岡田陽一氏が教主の座を退いた後も、アフリカ世界救世教は同氏に深い尊敬の念を抱き続けてきましたし、今は亡き渡辺哲男先生が同氏の言葉から提唱した「想念の実践」や、同氏による「新年の挨拶」も、アフリカ大陸全域の全ての布教拠点で毎日読み続けられてきたからです。
 白澤道夫氏がメッセージを送ってからは、反体制派グループの攻撃的な性質がより顕著となりました。その活動は信仰の友の間に分裂や敵対心を煽り、また暴力を扇動しています。こうしたことから、本教が進むべき道は、明主様の御教えに忠実であり続け、明主様がおつくりになった聖地と世界救世教に繋がり続けることだということが明確となりました。
 そこで同10月本教執行部は、国立宗務機関(INAR)や国家警察総司令部などといった国の様々な機関に文書を送り、教団内部に発生した紛争について報告すると共に、問題解決のために警察の介入を要請しました。
2018年10月24日
 月次祭の日を狙った教団施設の占拠行動は、首都以外の地方で激しさを増し、警察が介入する騒動にまで発展した拠点もありました。
 本教執行部は、こうした問題を取り扱う複数の公的機関に当事案を書面で報告。国立宗務機関は「救済委員会」に対し、教団の名における一切の活動を控えるよう通達。
2018年12月7日
 「救済委員会」は国立宗務機関の通達をよそに、「臨時会議」なる会合を開催し、本教の“新役員”を選出。選ばれた自称役員らは偽の肩書をもって日本への巡礼を行い、岡田陽一氏との面会を果たします。
2019年1月3日
 アンゴラの全国紙「O PAIS」は、2018年12月7日に開かれた反体制派の会合で、本教の“新役員会”が承認されたと報道。なお同紙は2018年1月21日付の紙面で、本教執行部が当報道を否定し、教団の役員はこれまで通りであることを明言した記事を掲載しました。
2019年1月13日
 岡田陽一氏の名のもと「救済委員会」はビエ研修センターを力ずくで占拠しようと試みます。この行動は3名が負傷する騒動にまで発展しました。
現在の状況

2019年1月13日の出来事はSNSやTVなどのメディアを通じて広く報道され、様々な反応を得ました(投稿されたメッセージの多くは騒動を否定的に捉えるものでした)。
犯罪者の責任を問う訴訟手続きが進行中。
現在、複数の布教拠点並びに教団の農場が岡田陽一氏の支持者らにより占拠されています。
岡田陽一氏の支持者らが犯した全ての犯罪(名誉棄損、職業詐称、詐欺、窃盗、背信、恐喝、差別、傷害)に対し、その法的責任を問う訴訟手続きが開始。
こうした状況は全て日本の包括法人及びいづのめ教団に報告されており、今後必要な措置が講じられる予定です。
現在、本教執行部は判決の確定を待っています(判決は間もなく下る予定)。

 アフリカ世界救世教執行部は、本教が社会から悪評を被っていることに対し、改めて深い遺憾の意を表明します。またこうした一連の出来事にも関わらず、人救いと地上天国建設の御用にしっかりと励んでおられる皆様に心から感謝を申し上げますと共に、アンゴラ宣教開始当初に立てた不撓不屈の誓いを新たに、これからも御神業に邁進させていただく所存です。
2019年1月28日 於ルアンダ

By |February 7th, 2019|ニュース|0 Comments

岡田陽一氏の名のもとに発生した流血事件

岡田陽一氏の名のもとに発生した流血事件
 

事件は2019年1月13日(日)、ビエ州(アンゴラ)で発生しました。

その日は州の月次祭が予定されていたため、同州の各地から信者さんが集まってきていました。ところが午前六時頃のことです。世界救世教の元資格者で、現在は岡田陽一氏を支持するグループ(以後、反体制派と言う)の三名(ルインドゥラジオ・エドゥアルド・エディ・キアラ、アダォン・アントニオ・ジョアン並びにフラヴィオ・ドス・サントス・カブソ)率いる青年たちがビエ州の研修センターに現れました。彼らの姿を確認したジョアン・ヴェンバ・フランシスコ研修センター長は、彼らが施設に入ることを阻止し、ガードマンたちにも警備体制を敷くよう指示しました。そして、そうした中で月次祭の準備が進められていきました。

午前8時30分。反体制派の人たちは、まるで戦闘を始めるかのような勢いで研修センターに突入してきました。研修センターを乗っ取って自分たちの月次祭を決行しようと、祭典の進行表から、拝読する御教えまで全てを持ってやって来たのです。祭典室の扉は奉仕者によって直ちに施錠されましたが、ルインドゥラジオ氏は「この教会を建てたのは自分だ」「建設に全力を尽くした」「今の研修センター長は建設に全く参加していない」などと怒鳴りながら、力ずくで扉を開けようとしました。

午前9時。カブソ氏と数名の青年らが「想念の実践」のチラシを参拝者らに配り、その文言を唱え始めました。その声を聞いた布教員のイノセンシオ・ケイタ氏はカブソ氏にご神前から退いてもらうようお願いしましたが、その瞬間、(キンタス氏、ブンバ氏、デビッド氏、ヴィクトル氏ら)反体制派の青年ら数名が、ケイタ氏が教会の建設に参加していないからというだけでなく、北の部族出身であるからという部族差別的な理由をもって、「ここから出ていけ。俺たちがやっていることに干渉するな」などと言い、ケイタ氏を教会の外へと追い出しました。

また反体制派のその他の青年たちが祭典室に侵入し、研修センター長を力ずくで部屋から引きずりだそうとしたところ、その一部始終を見ていた(教会に通う)未信者さんの一人(Aさん)がセンターの菜園から鍬を持ち出して祭典室の扉の前に立ち、「センター長に触れたら容赦しないぞ」などと大声で叫んで、侵入者を威嚇しようと試みました。するとそこへ反体制派の青年一名がセンター長に襲い掛かろうとしたため、Aさんが鍬で応戦したところ、その鍬が青年に当たってしまいました。そこで、それを見ていた反体制派のその他の青年たちがAさんの頭部に花瓶やコップを投げつけるなど暴行を働いたため、Aさんはついに気を失ってしまいました。幸いにも、その場にいた婦人らによって助けられ、病院へ運ばれたものの、Aさんは13針を縫う大怪我をしてしまったのです。

床についた血を見て、祭典室で起こった騒動の大きさを認識したキンタス氏は、警察官という立場を活かしてパトロール隊を呼びました。直ちにセンターに到着したパトロール隊は私たちに教会を閉めるよう指示した後、騒動に関与した全員に手錠をかけ、クイト市(ビエ州州都)の警察署まで連行しました。

しかしながら、全てを司っておられる神様のおかげで、全員(ヴェンバ研修センター長、ベディ氏、イノセンシオ・ケイタ氏、カブソ氏及びマダレナ氏)の事情徴収の後、警察より、反体制派が住居侵入を犯したこと、及び研修センターに居た信者全員の対応が正当防衛に相当するものであるものであることが結論付けられました。ルインドゥラジオとカブソの両氏は、自分らがかつてはヴェンバ研修センター長やケイタ氏より階級的には上であったことを必死になって訴え、挙句にはクラウディオ・ピニェイロ先生のことを泥棒だなどと非難し始めましたが、警察はそうした主張は妥当ではないとし、彼らはビエ研修センターで起こした暴行に対して責任を負うべきだと述べました。

状況はいよいよ反体制派にとって不利となりました。取調官は約30分間キンタス氏のみから事情を徴収し、その後「ここで幕引きを行うか、それとも訴訟に持ち込むか。どちらを望むのか」と尋ねました。ルインドゥラジオ氏はこの件はこれで終わりにし、問題を穏便に解決したいと主張しましたが、ヴェンバ研修センター長と彼を支持する人たちの考えは違っていました。この問題はきちんと決着を付けて、センターに不法侵入し暴行を働いた者はしっかりと責任を取らなければならないと訴えました。こうして裁判を行うことが決まったのです。

取調官は最後に、反体制派に対し「当州で活動したい場合は、文化省の推薦状と認可証が必要になる」旨を伝えました。

反体制派のブンバ氏とキンタス氏(兄弟)は不服そうに、クンジェ市に拠点を開きたいと言いましたが、取調官は「それを決めるのはこの州を代表する教団の資格者である」と述べました(なお当の資格者は体制派であることを理由にそれを許可しませんでした)。

加えて取調官は、今後、教団の他の布教拠点に侵入するようなことがあれば、それは刑罰の対象となることを反体制派の人たちに説明しました。その後、ようやく彼らは警察署を退出し、「ルアンダに戻り、もう二度と騒動は起こさない」と、私たちに約束してくれました。
岡田陽一氏に尋ねたいのは以下の点です。
 これが、氏がその支持者に教える「全く新しい信仰」なのでしょうか。それは、神の名の下に信仰の友を襲わせ、祭典の場に侵入することを教える信仰なのですか。祭典の開催や信仰の実践を妨害し、氏らと信仰を共にしない人々の信教の自由を侵害するよう教え、宗教的不寛容を促し、更には岡田陽一氏を支持しない人には敬意を払う必要がないという考えを駆り立てるような信仰なのでしょうか。

岡田陽一氏の名の下に、その支持者たちはアンゴラ世界救世教が所有する同国の布教拠点や農場に侵入し、それらを乗っ取ろうとしています。反体制派は当初から岡田陽一氏を信仰の中心に置かない明主様の信徒たちに対し、何ら臆することなく「痛い目に合わせる」と脅迫し、またそうしたメッセージをフェイスブック上に何度も投稿してきました。

私たちはこれまで、一宗を代表する指導者たる者は、岡田陽一氏を熱心に支持する人たちがこれまで引き起こしてきたような騒動や暴行ではなく、平和を広める人であるべきだと考えてきました。彼らの態度は明主様の御教えのどこにも確認することはできません。明主様は私たちに日々精進することを御教えくださっていますが、それは天国建設のためであって、地獄を作るためではないのです。

アンゴラにも法律があり、それを破る者は罰せられます。裁判が行われれば、彼らには懲役刑が科せられるでしょう。正当防衛を試みる信徒の頭部に花瓶やコップを投げつけた罪は軽くはありません。

こうした一連の凶行は全て、岡田陽一氏の名の下に犯されました。

その凶行は今、私たちの布教拠点の一つで流血騒動が起きるほどに深刻化しているのです!

アンゴラでは1991年の開教以来、世界救世教は常に政府や社会から高い敬意を払われてきましたが、氏の支持者たちのこうした態度がメシヤであられる明主様と教団の名を傷つけています。

氏の目的は何でしょう。

私たちはただ平和的に浄霊と明主様の御教えを伝えたいだけなのですが、それは、氏とその支持者には受け入れがたいことなのでしょうか。

By |January 19th, 2019|ニュース|0 Comments

新年ご挨拶

平成29年1月1日

新年ご挨拶

世界救世教
教主 岡田 陽一

本年も、主神の大いなる愛と赦しの中で、輝かしい年の始めを迎えることが できましたことに感謝し、世界中の信徒の皆様と共に、主神と、主神と共にお られる明主様に、謹んで新年のご挨拶をさせていただきます。

新年あけましておめでとうございます。

さて、誠に畏れ多きことながら、私ども一人ひとりの中には、すべての源な る意識が存在いたします。

この意識は、唯一の神であられる創造主の永遠の命の意識であります。

この意識は、私どもの中に、そして、すべてのものの中に充ち満ちており、 この意識によらない存在は、存在し得ないのであります。

明主様は、この意識のことを主神とお呼びになりました。 主神の創造のみ旨は、ご自身の子をお生みになることであります。 そのために、私どもの中におられる主神は、すべての創造をお始めになる前

に、まず、ご自身の天国を用意され、その天国において、万物の霊と共に、人 間となるべき霊、すなわち、ご自身の分霊(わけみたま)を、予めお生みになりまし た。

この時、主神によってすべての分霊に刻み込まれた名前がメシヤである、と 私は信じております。

主神は、ご自身の天国を通して万物を創造されるとともに、万物をお使いに なって、私ども分霊を個々別々の自我意識を持つ人間として創造されました。

主神が個々別々の自我意識を持つ人間を創造されたのは、万物と一体である 私ども一人ひとりを再び天国に迎え入れ、主神のみ業を継承し、主神に仕える 者、すなわち、主神ご自身の子・メシヤとして新しく生まれさせるためです。

しかも、私どもの中におられる主神は、ご自身の創造のみ業をすでに天国に おいて成し遂げておられるのです。

しかしながら、私どもは、主神が私どもの中におられるにも拘らず、主神を ないがしろにし、主神の意識を自分の意識とし、その意識を自分の都合のよい 善悪の尺度として使っておりました。

そうした私どもを主神は赦してくださいました。

なぜならば、主神は、私どもをご自身の子・メシヤとするという愛のうちに、 私どもを赦されたもの、救われたものとしてくださったからです。

私どもの中には、主神の愛があるのです。赦しがあるのです。メシヤという 御名が刻み込まれているのです。

そして、私どもは今、主神の子として新しく生まれるために養い育てられて いるのです。

ですから、私どもは、メシヤの御名があればこそ、赦され、救われたものと されていることを思い出し、悔い改め、心を開いて自らのうちに刻まれている メシヤの御名を、改めてお受けさせていただかなければならないと思います。

このように、メシヤという御名は、主神にとって大切な御名だからこそ、私 どもにとって大切な御名なのです。

明主様は、昭和十(一九三五)年のご立教以来、「観世音菩薩(観音)」を始 め、「弥勒(五六七、日月地、ミロク)」、あるいは、「伊都能売(いづのめ)」等 の御名と共に、「メシヤ」という御名を大切にしてこられました。

そして、幾多の変遷と推移を経て、明主様が昭和二十五年二月四日に「開教」 された教団の名称は、「世界救世(メシヤ)教」であります。

この頃、ご発表になられたお歌に

「抜きも差しもならぬ此世(このよ)にメシヤ教出でずば未来は如何になるらむ」 というお歌があります。

そして、明主様がご自身の「明主」というのお名前について、「明主の言霊は、 メシヤと五十歩、百歩だから、あるいはメシヤの名前になるかも知れないとも 想っている」とお述べになり、私ども信徒が「明主様」とお呼び申し上げるの もこの頃からです。

また、同じ頃、明主様は、当初お作りになった『善言讃詞』の冒頭の「世尊 観世音菩薩此土に天降らせ給ひ光明如来と現じ 応身弥勒と化し」のあと、「救 世主(メシヤ)とならせ」と書き加えられ、最後の御名を「メシヤ」とされま した。

「メシヤ」と題する一連のお歌もお詠みになりました。
例えば、 […]

By |January 2nd, 2017|カテゴリーなし|0 Comments